総合住宅展示場ハウジングステージTOP  >  住宅・暮らしのトピックス⼀覧  >  8月の金利は横ばいも9月以降は金利上昇の可能性が高まる!

PICKUP お金・ローン 2018/08/07

8月の金利は横ばいも9月以降は金利上昇の可能性が高まる!

8月の金利は横ばいも9月以降は金利上昇の可能性が高まる!

2018年8月の住宅ローン金利は横ばい

2018年8月の住宅ローン金利は、7月とほとんど変わらず横ばいになりました。
住宅金融支援機構と民間提携のフラット35は、下の表にあるように返済期間15年~20年の最低・最頻金利が1.29%で、返済期間21年~35年は1.34%です。

 

▼フラット35最低・最頻金利の推移(単位:%)

資料:住宅金融支援機構ホームページ

 

民間ローンには大きな変化なし

民間でも変動金利型にはほぼ変化はなく、固定期間選択型の指標金利といわれる10年固定は、一覧表にある通り大手銀行は7月と同じ金利を継続しています。

 

▼大手銀行の固定期間選択型10年の金利の推移(資料:各行ホームページより作成)

3月 4月 5月 6月 7月 8月
 みずほ銀行 0.80% 0.75% 0.80% 0.80% 0.85% 0.85%
 三井住友銀行 1.10% 1.10% 1.10% 1.15% 1.15% 1.15%
 三菱UFJ銀行 0.80% 0.80% 0.80% 0.85% 0.85% 0.85%
 りそな銀行 1.10% 0.70% 0.70% 0.70% 0.70% 0.70%
 三井住友信託銀行 0.75% 0.75% 0.70% 0.75% 0.75% 0.75%

 

ただ、注意しておきたいのが9月以降の金利動向。日本銀行は7月30日~31日の金融政策決定会合で、金融緩和の運用を柔軟にし、長期金利の変動を容認する方針に方向転換しました。具体的には、現在は0.05%前後の長期金利が0.20%まで上がるのを容認する意向といわれています。実際に長期金利が0.20%程度まで上がると、住宅ローン金利も0.15%~0.20%程度上昇することになります。

住宅ローン金利が上がれば返済負担が重くなりますから、今後の動向を十分に注意しておきたいところです。

 

著者

山下和之(やました・かずゆき)

 

新聞・雑誌・単行本の原稿制作、各種講演・メディア出演など広範に活動。主な著書に『よくわかる不動産業界』(日本実業出版社)、『マイホーム購入トクする資金プラントと税金対策』(学研プラス)、『住宅ローン相談ハンドブック』(近代セールス社)などがある。

山下和之の良い家選び
Business journal
現代ビジネス
ZUU online

All House maker