総合住宅展示場ハウジングステージTOP  >  はじめての家づくりガイド  >  はじめての家づくり【建物編】  >  賃貸併用住宅

ローンを家賃で支払う賃貸併用住宅

家賃でローンを支払う

賃貸併用住宅ならローンを家賃収入で支払えるメリットがあります。今は完全分離の二世帯住宅にし、その後賃貸住宅として貸し出すなど選択肢を持つこともできます。

ココがメリット!

  • 家賃で住宅ローンを返済できる
  • 専門家のアドバイスを受け計画は慎重に
  • 「30年間一括借り上げ」も選択肢

家賃でローンを支払う

家賃で住宅ローンを返済し
ローン完済後は家賃を生活費に

賃貸住宅と賃貸オーナーの住宅が一つになった建物を賃貸併用住宅といいます。家賃で住宅ローンを返済し、ローン完済後はこれからの生活費などの収入源として期待する方も増えています。駅に近い、幹線道路沿いなどよい立地条件で、敷地に余裕があれば検討する価値があるでしょう。また、家の老朽化で建て替えを検討されている方は、これからの選択肢として検討してはいかがでしょう。

専門家のアドバイスが必要不可欠

長期間の空室リスクなども考慮
専門家のアドバイスに耳を傾ける

賃貸併用住宅は家賃収入が期待できる一方、戸建て住宅に比べて借り入れ金額が増え、金利負担が大きくなります。固定資産税や火災保険料なども一般的な一戸建て住宅よりも高額です。そのため計画には専門家のアドバイスが不可欠といえます。その上で課題になるのが空室リスク。長期にわたって部屋をずっと埋めていくのは大変です。そうした事情を踏まえて、ハウスメーカーは「30年間一括借り上げ」という仕組みの家賃収入策をご提案しています。

「30年間一括借り上げ」も選択肢のひとつ

30年間全室借り上げを保証
空室対策や管理の手間が省ける

賃貸住宅の経営や運営は専門のノウハウが必要で手間もかかります。それをハウスメーカーが肩代わりするのが「30年間一括借り上げ」。ローン期間にあたる30年間にわたってハウスメーカーが賃貸住宅を全室借り上げて、管理費として家賃の10%程度を徴収する仕組みです。

賃貸オーナーは空室対策や日々の管理に煩わしさがないので、とても楽です。詳細は各ハウスメーカーによって異なるため、確認する必要がありますので、まずは相談からはじめてみてはいかがでしょうか。


All House maker