総合住宅展示場ハウジングステージTOP  >  はじめての家づくりガイド  >  はじめての家づくり【建物編】  >  二世帯住宅

経済的で絆を育む二世帯住宅

住宅予算の節約&両世帯のほどよい交流

二世帯住宅は家を2軒建てるより、住宅予算を抑えることができ、両世帯の生活リズムを確保しつつ、ほどよい交流が生まれます。

ココがメリット!

  • 住宅予算を抑えることができる
  • プランは完全分離型がスタンダード
  • 生活音が気にならない間取りと構造に

住宅予算の節約&両世帯のほどよい交流

住宅予算を節約でき
子育てなどを助けてもらう

経済低迷などによる世帯年収の低下もあって、二世帯住宅が近年増えています。二世帯住宅の一番のメリットは家を2軒建てるより、住宅予算が安く済むこと。両世帯の交流も大きな利点のひとつ。日々の暮らしは別々でも、互いの様子が何となくわかると安心ですよね。とくに若い世帯にとっては、忙しいときに子供を預けられることは助かります。そのほか相続対策のメリットも。二世帯住宅にすることで相続に際しての特別控除が受けやすくなる場合もあります。

二世帯住宅の主流は「完全分離型」

お互いのプライバシーを確保
1階は親世帯・2階は子世帯

二世帯住宅といっても今どきの主流は「完全分離型」。これは、名前の通り共用スペースがほとんどなく、二つの家をひとつに合体したプランです。一般的には1階に親世帯、2階に子世帯の居住・生活スペースをまとめます。敷地が広い場合は、両世帯を横に並べたプランが採用されることもあります。完全分離型にできない場合は、滞在時間が短いエリアから共用にします。まず玄関、次いで浴室などを共用にするのがセオリーです。

遮音や採光に気を配る

楽しく暮らすには生活音対策が必要
間取りと壁・床の遮音でストレスフリー

快適な二世帯住宅のポイントは生活音の対策。各世帯は生活スタイルや活動する時間帯が大きく異なります。キッチンや浴室など生活音が生じやすい水まわりのレイアウトに工夫が必要です。同時に両世帯を隔てる壁や床をしっかり遮音。これで、それぞれの生活音がストレスになることはありません。また、住宅密集地の場合は、1階の採光を十分に補うために、2階からのトップライトなどの設計で工夫が必要となります。

All House maker