総合住宅展示場ハウジングステージTOP  >  住まいの最新情報一覧  >  住まいの最新情報(詳細)

【最新住情報ニュース 第56回】省エネ住宅ポイントの実施率は9月14日現在64%に

2015/9/25(金)

住宅ジャーナリスト 山下和之の最新住情報ニュース

省エネ住宅ポイントの実施率は9月14日現在64%に

新築のエコ住宅については、1戸当たり30万ポイント(30万円相当)がもらえる住宅エコポイント。その8月末までの発行状況が国土交通省から発表されました。

それによると、下の一覧表にあるように、8月の発行状況は、一戸建ては約2.5万戸、リフォームが約2.9万戸の合計5.4万戸に対して、約101億ポイントが発行されました。3月に受け付けが始まってからの累計は約23万戸、約409億ポイントになります。

2014年度の補正予算による予算は約905億円ですから、発行ポイントはまだその半分にも及びません。ただし、運営に当たる事務費やまだ発行に至らない予約や審査中の案件まで含めると、9月14日現在の実施率は64%に達するそうです。

申請は11月末で締め切られる予定で、予算に達しそうなときには早めに打ち切られる可能性もありますが、残り3か月弱で36%、約360億円分残っているのですから、何とかこのペースなら11月までもちそうですが、問題はこうした制度の場合、締め切りが近づくにつれて申請が増加します。余裕がありそうで、けっこうギリギリかもしれません。

いずれにしても、省エネ住宅ポイント事務局のホームページでは、定期的に実施率を更新していますから、気になる方はチェックするようにしてください。

省エネ住宅ポイントの発行状況
2015年8月 累計
新築 2万4919戸 約74億7570万ポイント 9万7636戸 約292億9080万ポイント
リフォーム 2万9082戸 約27億6815万ポイント 13万5225戸 約115億7327万ポイント
合計 5万4001戸 約101億4385万ポイント 23万2861戸 約408億6407万ポイント

資料:省エネ住宅ポイント事務局

著者

山下和之(やました・かずゆき)
住宅ジャーナリスト。1952年生まれ。住宅・不動産分野を中心に、新聞・雑誌・単行本・ポータルサイトの取材・原稿制作のほか、各種講演・メディア出演など広範に活動。主な著書に『よくわかる不動産業界』『家を買う。その前に知っておきたいこと』(以上日本実業出版社)、『住宅ローン完全ガイド』(ビジネス教育出版社)、『プチプラ物件のすすめ』(中公新書ラクレ)、『絶対に失敗しないマイホームの選び方・買い方』(執筆監修・学研パブリッシング)などがある。
住宅ジャーナリスト・山下和之のよい家選び
◆読売新聞東京本社版『すまい×すまう』(月1回木曜朝刊)執筆・監修

住まいの最新情報一覧へ戻る


All House maker