総合住宅展示場ハウジングステージTOP  >  住まいの最新情報一覧  >  住まいの最新情報(詳細)

【最新住情報ニュース 第65回】来場者が増え、購買意欲にも好転の兆し!

2015/11/26(木)

住宅ジャーナリスト 山下和之の最新住情報ニュース

来場者が増え、購買意欲にも好転の兆し!

住宅生産団体連合会では、四半期に一度、会員企業の支店・営業所・展示場などの営業責任者に対して住宅市場の業況感を調査しています。その2015年第3回(10月調査)が公表されました。

まず2015年7月~9月の実績では、前期に比べて受注棟数が3ポイント、受注金額が5ポイントのプラスでした。10月~12月の見通しについても、受注棟数が12ポイント、受注金額が6ポイントのプラスを見込んでいます。住宅市場は着実に回復しつつあるといっていいでしょう。

実際、見学会やイベントなどへの来場者については、「増加」が16%から26%に増え、「減少」は33%から28%に減少しました。さらに、下にあるように消費者の購買意欲についても「増加」が21%から23%に増え、「減少」は17%から12%に減っています。

もちろん、まだまだ消費税増税前の勢いには及びませんが、そろそろ建て時、買い時と考える人が増えつつあるのは間違いありません。

消費者の購買意欲

151126

資料:住宅生産団体連合会『住宅業況調査報告』

著者

山下和之(やました・かずゆき)
住宅ジャーナリスト。1952年生まれ。住宅・不動産分野を中心に、新聞・雑誌・単行本・ポータルサイトの取材・原稿制作のほか、各種講演・メディア出演など広範に活動。主な著書に『よくわかる不動産業界』『家を買う。その前に知っておきたいこと』(以上日本実業出版社)、『住宅ローン完全ガイド』(ビジネス教育出版社)、『プチプラ物件のすすめ』(中公新書ラクレ)、『絶対に失敗しないマイホームの選び方・買い方』(執筆監修・学研パブリッシング)などがある。
住宅ジャーナリスト・山下和之のよい家選び
◆読売新聞東京本社版『すまい×すまう』(月1回木曜朝刊)執筆・監修

住まいの最新情報一覧へ戻る


All House maker