総合住宅展示場ハウジングステージTOP  >  住まいの最新情報一覧  >  住まいの最新情報(詳細)

【最新住情報ニュース 第67回】フラット35S大幅金利引き下げは1月末まで!

2015/12/10(木)

住宅ジャーナリスト 山下和之の最新住情報ニュース

フラット35S大幅金利引き下げは1月末まで!

住宅金融支援機構が、フラット35Sの金利大幅引き下げについて、来年1月29日で終了すると発表しました。これは、2014年度の補正予算によって実施されているもので、予算枠があるため、予算が足りなくなりそうなときには、来年1月29日以前に打ち切りになることがあるとされてきました。実際、業界関係者の間では今年の11月末までには終了するのではないかという情報が流布していました。それが、当初予定通り、来年1月末まで受け付けられることになったのです。

このフラット35Sの金利大幅引き下げというのは、長期優良住宅、低炭素住宅などの一定の性能を持つ住宅について、当初5年~10年の間、金利を0.6%引き下げるというものです。

12月のフラット35の金利は、下のグラフにあるように返済期間15年~20年が1.28%、21年~35年が1.55%と11月と同じ水準。ここから0.6%の引き下げですから、20年以内は0.68%、21年以上は0.95%で利用できることになります。こんな機会は滅多にあるものではないですから、できるものなら来年1月末までに準備を進めて申し込んでおきたいものです。

フラット35最低金利の推移(単位:%)

151210

資料:住宅金融支援機構ホームページ

著者

山下和之(やました・かずゆき)
住宅ジャーナリスト。1952年生まれ。住宅・不動産分野を中心に、新聞・雑誌・単行本・ポータルサイトの取材・原稿制作のほか、各種講演・メディア出演など広範に活動。主な著書に『よくわかる不動産業界』『家を買う。その前に知っておきたいこと』(以上日本実業出版社)、『住宅ローン完全ガイド』(ビジネス教育出版社)、『プチプラ物件のすすめ』(中公新書ラクレ)、『絶対に失敗しないマイホームの選び方・買い方』(執筆監修・学研パブリッシング)などがある。
住宅ジャーナリスト・山下和之のよい家選び
◆読売新聞東京本社版『すまい×すまう』(月1回木曜朝刊)執筆・監修

住まいの最新情報一覧へ戻る


All House maker