総合住宅展示場ハウジングステージTOP  >  住まいの最新情報一覧  >  住まいの最新情報(詳細)

【最新住情報ニュース 第148回】2016年度住宅ローン新規貸出額は前年度比22.5%増

2017/8/24(木)

最新住情報ニュース

2016年度の住宅ローン新規貸出額は前年度比22.5%の増加!

住宅金融支援機構が『2017年1~3月期及び2016年度の業態別の住宅ローン新規貸出額と貸出残高』を発表しました。各種銀行や信用金庫、労働金庫、JAバンク、モーゲージバンクなどが行っている住宅ローンの動向を四半期に一度まとめているのです。

それによると、16年度1年間(16年4月~17年3月)の新規貸出額は24兆5111億円で、前年度の20兆0119億円から4兆4992億円、率にして22.5%増加しました。16年2月に日本銀行がゼロ金利政策を導入、住宅ローン金利が大幅に低下し、かつてない超低金利になったことあって、住宅ローンの新規貸出しや借換えが急増したのです。今回住宅金融支援機構が公表したデータで、改めてそれが浮き彫りになりました。

16年度の第4四半期、17年1月~3月だけをみると、新規貸出額は6兆4507億円で、前年同期比では10.6%の増加となりました。16年度の前半の増加ぶりに比べると、やや伸びは鈍っていますが、それでも超低金利が続いているため、住宅ローンを組んでマイホームを取得しようとする動きが根強いようです。

住宅ローン新規貸出額

資料:住宅金融支援機構ホームページ

著者

山下和之(やました・かずゆき)
新聞・雑誌・単行本の原稿制作、各種講演・メディア出演など広範に活動。主な著書に『よくわかる不動産業界』(日本実業出版社)、『マイホーム購入トクする資金プラントと税金対策』(学研プラス)、『住宅ローン相談ハンドブック』(近代セールス社)などがある。
住宅ジャーナリスト・山下和之のよい家選び
『Business Journal』(企業・業界)に記事連載

住まいの最新情報一覧へ戻る


All House maker