総合住宅展示場ハウジングステージTOP  >  住まいの最新情報一覧  >  住まいの最新情報(詳細)

【最新住情報ニュース第158回】鋼材を中心に建設資材の上昇傾向が再び強まっている

2017/11/9(木)

最新住情報ニュース

鋼材を中心に建設資材の上昇傾向が再び強まっている

ひところ上昇著しかった建設資材、このところはやや落ち着いていたのですが、ここへきて再び上昇傾向が強まっています。特に、2020年の東京オリンピック・パラリンピックやインバウンド需要の高まりで、ビル向けの各種鋼材やコンクリートなどの上昇が目立っています。

下の一覧表は、建設物価調査会が東京地区の主要建設資材の動向をまとめたものですが、前月比や今後の予想を示す「気配」において、上昇傾向を示す項目が多くなっています。低下傾向を示す項目は皆無であり、全般的に強含み傾向が強まっているといっていいでしょう。

一戸建て関係では、「菅柱 杉」に関しては幸いいまだ横ばいにとどまっていますが、一戸建てであっても、基礎には各種鋼材やコンクリートを使用しますし、ガス管、軽油の値上がり傾向も全体的なコストアップ要因になります。

すぐにも一戸建ての建築費が急上昇するということではありませんが、ジワジワと影響してくる可能性があるので注意しておきたいところです。

table158_w670

参考サイト:https://www.kensetu-navi.com/construction/sikyou/01tokyo.html

 

住まいの最新情報一覧へ戻る


All House maker