総合住宅展示場ハウジングステージTOP  >  住まいの最新情報一覧  >  住まいの最新情報(詳細)

【第11回】住宅ジャーナリスト 山下和之の最新住情報ニュース

2014/10/30(木)

住宅ジャーナリスト 山下和之の最新住情報ニュース

キッチンは壁付け型と対面型が拮抗。あなたはどちらがいいですか?

家を建てるなら最新式のおしゃれで使い勝手のいいキッチンがほしいわ
――特に主婦の皆さんには切実な願いでしょう。

そのキッチン、最近のトレンドはどうなのでしょうか。

キッチンのタイプには、壁付け型のI型、LD対面型のI型、L型、そして島のように独立したアイランド型があります。LD対面型やアイランド型は開放的で家族や友人などと話しながら調理できる半面、見られやすい、匂いや水はね・油はねなどが気になるといった面もあります。

実際に皆さんはどのタイプを選んでいるのか、住宅産業協議会の『平成25年度住宅・住宅設備に関するCSアンケート調査』でみると、壁付け型のI型が46%と最も多く、それにLD対面型のI型が38%で続き、L型が9%、アイランド型が6%となっています。アイランド型には一定の広さが求められるなどの制約があるとはいえ、2年前の調査では1%でしたから急速に増えていることが分かります。

なお、カウンタートップは人造・人工大理石が73%でステンレスが25%、シンクは人造・人工大理石が32%、ステンレス66%、調理機器のタイプはガスコンロ44%、IH調理器が56%となっています。東日本大震災の影響もあってか、IH調理器のシェアは2年前に比べると1割近くダウンしています。

システムキッチンの購入状況
2009年度 2011年度 2013年度
I型(壁付け型)

88%

84%

46%

I型(対面型)

38%

L型

11%

8%

9%

アイランド型

1%

1%

6%

カウンタートップ 人造・人工大理石

67%

62%

73%

ステンレス

31%

36%

25%

シンク 人造・人工大理石

――

――

32%

ステンレス

――

――

66%

調理機器のタイプ ガスコンロ

38%

36%

44%

IL調理器

62%

64%

56%

資料:住宅産業協議会『平成25年度住宅・住宅設備に関するCSアンケート調査』

住まいの最新情報一覧へ戻る


All House maker