総合住宅展示場ハウジングステージTOP  >  住まいの最新情報一覧  >  住まいの最新情報(詳細)

【第23回】住宅ジャーナリスト 山下和之の最新住情報ニュース

2015/1/29(木)

住宅ジャーナリスト 山下和之の最新住情報ニュース

フラット35Sの金利大幅引き下げ 住宅エコポイントと合わせて200万円得に!

緊急経済対策として2月中旬あたりから新たな住宅エコポイント制度とフラット35の金利大幅引き下げが実施される見込みです。今回はそのうち、フラット35Sの大幅金利引き下げを取り上げます。

フラット35には、一定条件を満たす住宅について、当初5年間または10年間の金利を0.3%引き下げるフラット35Sがあります。今回の経済対策では、その金利引き下げ幅が0.6%に拡大されます。対象となるのは、認定長期優良住宅、認定低炭素住宅、省エネ性能の高い住宅、耐震性能の高い住宅、バリアフリー性能の高い住宅などです。

その効果にはたいへん大きなものがあります。下にあるように、借入額3000万円の場合、通常のフラット35だと毎月返済額は9万1415円ですが、金利大幅引き下げで当初10年間は8万2880円に、1万円近くダウンするのです。35年間の総返済額でみると、通常のフラット35がおよそ3839万円に対して、大幅引き下げだと約3665万円。35年間で何と174万円も軽減される計算です。

フラット35Sを利用できる住宅なら、住宅エコポイントの対象になりますから、1戸当たり30万ポイントと合わせると200万円以上トクできることになります。

2月中旬あたりから、1年間の予定でスタートしますが、予算枠に達した場合には早めに打ち切りになります。この大幅金利引き下げを利用するなら、早急に計画を進めたほうがいいでしょう。

フラット35Sの大幅金利引き下げのメリット
設定条件:借入額3000万円、35年元利均等・ボーナス返済なし
当初10年間の金利と毎月返済額 11年目~35年目の金利と毎月返済額 35年間の総返済額
通常のフラット35 1.47% 1.47% ――
9万1415円 9万1415円 3839万4300円
フラット35S 1.17% 1.47% ――
8万7083円 9万0232円 3751万9560円
フラット35S金利大幅引き下げ 0.87% 1.47% ――
8万2880円 8万9026円 3665万3400円

※上記は筆者である山下の試算です。

住まいの最新情報一覧へ戻る


All House maker