総合住宅展示場ハウジングステージTOP  >  住まいの最新情報一覧  >  住まいの最新情報(詳細)

【第27回】住宅ジャーナリスト 山下和之の最新住情報ニュース

2015/3/5(木)

住宅ジャーナリスト 山下和之の最新住情報ニュース

省エネ住宅ポイントの事務局が開設。3月10日から申請受け付け開始へ

2月下旬、省エネ住宅ポイントの事務局が開設され、制度の運用が本格的にスタートしました。 3月10日からポイントの申請受け付けが開始されます。

省エネ住宅ポイントは、下にあるような条件を満たす住宅を建設・取得した場合、1戸当たり30万ポイント(30万円相当)が付与される制度。 新築だけではなくエコリフォームも対象で、1戸当たり最大で30万ポイント(ただし、併せて耐震改修を行う場合には最大45万ポイント)です。 ポイントは、省エネ・環境配慮に優れた商品、地域振興に資する地域商品券・地域産品・復興支援、全国で使える商品券・プリペイドカード(商品の提供事業者が環境寄附を行うなど、環境配慮型のもの)、環境寄附・復興寄附、即時交換などに充てることができます。

3月10日からスタートしましたが、予算枠には限りがあり、予算の執行状況に応じて締め切られます。 同事務局のホームページでは、「遅くとも、平成27年11月30日までに締切り」としています。 それ以前に打ち切られる可能性もあるので、省エネ住宅ポイントをゲットするためには、早めの契約、申請が求められます。

省エネ住宅ポイントの対象になる住宅
  • ・次の①~⑤のいずれかに該当する住宅
    • ①省エネ法のトップランナー基準相当の住宅
    • ②一次エネルギー消費量等級5の住宅
    • ③一次エネルギー消費量等級4の木造住宅
    • ④断熱等性能等級4の木造住宅
    • ⑤省エネルギー対策等級4の木造住宅
  • ・所有者自らが居住する住宅であること
  • ・申請に当たったは、基準を満たすことを証明する登録住宅性能評価機関等の第三者評価が必要

資料:省エネ住宅ポイント事務局ホームページ

住まいの最新情報一覧へ戻る


All House maker