総合住宅展示場ハウジングステージTOP  >  はじめての家づくりガイド  >  はじめての家づくり【建物編】  >  建築家

空間の個性を追求するなら建築家

建築家という呼び名で、国家資格の建築士などを有する設計事務所です。設計においては個性的な空間づくりを重視する傾向が少なくなく、予算に余裕がある施主向きとも言えます。建築家と設計を始めてから入居までに他の依頼先以上に時間と負担、住宅予算がかかります。

ココがポイント!

  • 建築家は設計を行い施工は工務店に依頼
  • 空間構成は得意だが積算などは苦手な傾向
  • コミュニケーションをとって理想の住まいを

建築家の設計力が顕著に表れる家づくり

建築家の個人差がある設計力
施工は工務店に依頼

建築家とは個性的な空間づくりなどを得意とする独立系の設計者のことです。「独立系」というのは、建築家で小規模な設計事務所を主宰しているという意味。そのため「アトリエ系設計者」とも呼ばれます。建築家は、基本的に設計だけを行い、施工は別途工務店に依頼することになります。建築家との設計と工務店との施工と2つの契約と支払いが発生しますので、十分にご留意ください。

空間の提案力はとても高く個性的

空間提案力は高評価
性能担保や積算は苦手な傾向も

建築家は設計だけを請け負うため、他の施主さんの設計事例を参考にし、依頼先の適正を見極めることになります。設計といっても、その内容は幅広く、空間構成から各種の性能、耐久性、法規対応、積算とさまざまです。この中で空間構成については、建築家はハウスメーカーや工務店と比べて高い傾向にあります。また、ある程度経験を積んだ建築家であれば法規対応もしっかりしています。一方で各種の住宅性能の担保や設計を基にした施工費用の積算は苦手な建築家が少なくありません。

理想の家を叶えるにはある程度の費用も覚悟

建築家とコミュニケーションをとって
理想の住まいを手に入れる

施主であるお客様の思い描いている家を、形にして叶えるのが建築家の役割なのですが、個性的な空間をつくることを優先としてしまう建築家も、少なからずいます。設計を依頼する前に、しっかりと建築家と自分はこんな家をつくりたいというイメージを明確に伝え、建築する家への方向性を十分にとる必要があります。もちろん、建築家と一緒に考えてもいいのです。また、家づくりを建築家に依頼するということは、他の依頼先ではできないプラスαの要素を期待しているとも言えるので、予算に余裕のある施主の方向きも言えます。

All House maker