総合住宅展示場ハウジングステージTOP  >  はじめての家づくりガイド  >  はじめての家づくり【建物編】  >  RC造

長持ちする建物をつくりやすいRC造

各種工法の中では群を抜く耐久性能

RC造は鉄筋とコンクリートの長所を生かし、耐震性に優れ、間取の自由度も高い建築工法。火事にとても強く、さまざまな建築工法の中では、統計上で最も長持ちすると言われています。

ココがメリット!

  • 耐震性・耐火性がとても高い
  • 総合的な住宅性能も高く長持ちする
  • 2種類の建築方法を選択できる

各種工法の中では群を抜く耐久性能

鉄とコンクリートの長所を生かした
耐震・耐火・耐久性に優れた構法

RC造は鉄筋コンクリート造(Reinforced-Concrete)の略称。合板で壁や床、屋根などの建物の形をつくり、その中に鉄筋を組んでから、コンクリートを流し込んで一体化させます。鉄筋の粘り強さとコンクリートの固さを持ち合わせているので、耐震性を高めやすく、間取の自由度も高いのが特徴。コンクリートは高温に強いため、火事にとても強く、統計上は最も長持ちする建築工法です。そのため、マンションや公共建築にも採用されています。

現場製作と工場製作の選択ができる

自由度の高さなら現場製作
品質優先なら工場製作

現場ですべての工事を行う「現場打ち」と呼ばれる方法と、工場で鉄筋コンクリートのパネルを製作して、現場では組み立てだけを行う「プレキャスト造」と呼ばれる方法があります。「現場打ち」は形の自由度が高いのがメリット。「プレキャスト造」は天候に左右されず、高い品質管理がメリットですが、反面、パーツのサイズや形状に制約が生じます。一般的なのは前者ですが、ハウスメーカーの中には後者を取り入れているところもあります。

耐震性・耐火性などに優れるが高コスト

錆や腐りの影響もなく長持ち
建築費用は高めになる傾向

RC造のメリットは、前述した耐震性や耐火性という、2つの性能を併せもっていることに加え、錆や腐りといった骨組みを短期間に劣化させる要因が少ないということ。また、コンクリートは熱をため込みやすいので、夏と冬の環境を快適に保つには、断熱に配慮した設計も重要になります。このように利点の多い建築工法ではあるのですが、木造や鉄骨造に比べてコスト高です。


All House maker