Find your new style!

アルバム

今どきの住まい・暮らし

2023.04.27

料理家 柚木さとみさんの 食を快適に楽しむ暮らし

東京都内の住宅街にある古屋を改装した住宅にお住まいの料理家・柚木さとみさん。カフェのプランニングやフードスタイリングも手がける柚木さんのご自宅は、「食」を楽しむ工夫が随所に光る心地よいカフェのような空間でした。

INDEX

【1】スムーズに作業するための動線をキープ

玄関からキッチンダイニングにダイレクトに行ける動線を確保。円いダイニングテーブルは角がないので動線が滑らかに。

昭和の意匠が香る築約50年の住宅をフルリノベーションしたご自宅に、2018年より夫婦でお住まいの柚木さん。

2019年よりともに暮らす猫たちも、自由に動き回れる空間を満喫。

20代のころから東京都内の人気カフェの運営に携わり、フリーランスになってからも、新開店するカフェの空間づくりから、人気ドラマのフードスタイリング、料理教室の講師など、多方面で活躍してきました。ご自宅のキッチンやダイニングの仕様も、食のプロならではの視点があちこちに。そんな食をライフワークとする柚木さんにとってのマイルールとは?

「1つ目のマイルールのポイントは“動線”です。カフェなどの飲食店は、厨房やフロアで効率よく作業できる動線が欠かせません。自宅で料理をするときや、人を招いてホームパーティーをするときも、やはりスムーズに動ける動線を確保したいですね。そうすれば、料理をするときにムダな手間が省けますし、片付けのストレスも軽減できますから」

画像(左):キッチンカウンターや食洗機、パントリー、食器棚も、柚木さんがもっとも家事をしやすい動線に沿ってレイアウト。

画像(右):キッチンの壁を覆う名古屋モザイク工業の二丁掛タイルは、側面だけ壁色に合わせて白にすることで広さを演出。

「自宅を設計したときに玄関から動線を考えて、リビングに向かう動線と、キッチンに向かう動線を作りました。動線を2つに分けることで、私は仕事場でもあるキッチンに最短距離で行けますし、ゲストを招くときはリビングにダイレクトにお通しできます」

ゲストが多いときはヴィンテージの英国製ダイニングテーブルを楕円形に伸長。ダイニングとリビング間の動線もスムーズ。

柚木さんはご自宅以外にも古民家をセルフリノベーションしたアトリエがあり、そこで「さときっちん」という料理教室を主宰されていますが、将来的には、ご自宅で料理教室をすることも視野に入れているそう。

「自宅で料理教室をするとしても、動線が分かれていれば、プライベートエリアと教室を自然に分けることができますよね。家づくりの際は、いろいろな場面を想定して、それに合った動線を意識するといいと思います」

【2】調理も片付けもラクにするためのしつらえ

右はアイアンと黒大理石を使った調理台。コンパクトなプロ用食洗機もシンク側に設置。左は同じアイアンと古材を使ったカウンター。手前には同じ古材を使用したダストボックスカバーも。これらの特注家具は、古材を使った家具づくりを得意とする「gleam」にオーダー。

あまり生活感のある空間が好きではないという柚木さん。仕事柄、調理器具や食器類が多数ありますが、どのように工夫されているのでしょう?

「よく使う調理器具は必要なときにサッと取り出せて、使い終わったらサッと片づけられるように、オープン収納にしています。動線の考え方と同様に、できるだけムダな動きを省いて、ラクに作業をしたいんです。調理も片付けもラクにするというのが、2つ目のマイルールです」

画像(左):必要な食材はパントリーにまとめて収納。棚に並んだ調味料類も一目瞭然。飲料はすぐに取り出せるように、食品用冷蔵庫の脇に飲料専用の冷蔵庫を置いている。

画像(右):普段よく使う箸やスプーンなどは素材別にオープン収納。

「食事のときに使うカトラリー類はカウンターの引き出しに収納していますが、調理用の箸やスプーンなどはすぐ取り出せるようにカップに立てています。その際、用途別にまとめるのではなく、木や金属など素材別にするのがポイント。素材別でまとまっていたほうが、視覚的に見つけやすく、片づけるときもラクなんですよ」

【3】暮らしながら整えるインテリア

キッチン壁面の棚はチーク材のアレンジボードに後付けで設置。手前のカウンターも、住みはじめてからオーダーしたもの。

隅々まで機能的に作られている柚木さん宅ですが、実は最初から全部そろっていたわけではなく、暮らしはじめてから少しずつ整えていったそう。

「最初に作り込んでも、実際に暮らしてみると、『ここに棚があると便利なのに』とか、『これは高さが足りない』とか、いろいろ気付くことがありますよね。なので、特注のキッチンカウンターや食器棚も、ヴィンテージのダイニングテーブルも、使い勝手を確かめながら、徐々にそろえていきました。キッチンのアレンジボードに棚を取り付けたのも最近です。暮らしながらインテリアを整えていくというのが3つ目のマイルールです」

画像(左):後から設置した特注の食器棚も、キッチンカウンターと同じインドネシア産の古材を使用することで、統一感のある空間に。

画像(右):1階リビングのカウチも同じ古材を使用。経年変化が楽しめる素材が好きという柚木さん。

吹抜けの2階にある第2リビングは家族のリラックス空間。窓際にある木のキャットウォークも、3年前に迎えた猫たちのために設置したという。

柚木さんが大切にしているマイルールから、調理も片付けもラクにできる動線を考え、暮らしながらキッチンやダイニングのインテリアを整えていくのが、食を快適に楽しむ秘訣のようです。

住宅展示場には、柚木さんのようにインテリアを整えたり、生活しやすい動線のヒントがたくさんあります!具体的なイメージづくりの参考に、ぜひお近くの住宅展示場をチェックしてみてくださいね。

取材協力

料理家 柚木さとみさん

吉祥寺のカフェで4店舗の統括店長を務め、カフェプランナー、フードコーディネータ ーとして、カフェのプロデュースやメニュー開発、大手料理教室の講師など、食と食空間に関わる仕事を経験し、現在は料理家として活動中。都内で古民家をセルフリノベーションしたアトリエで料理教室を主宰しながら、企業やメディア向けのレシピ提供のほか、スタイリングや空間作りなど、“食”を含めた暮らし方の提案を行う。雑誌やWEBサイトをはじめ、ヤマサ醤油のWEBサイトで2014年よりレシピストとして旬の食材を使 ったレシピを提案している。近著に「友だちと、空の下で、ゆるく料理を楽しむ。女子キャンプごはん」(グラフィック社)がある。

【リンク】
HP :https://yugisatomi.com/
Instagram:https://www.instagram.com/yugisatomi/

取材・執筆:轡田 早月
撮影:小島 沙緒理
編集:石倉 夏枝

Ⓒ2023 Next Eyes.co.Ltd

コラムはネクスト・アイズ(株)が記事提供しています。
本記事に掲載しているテキスト及び画像の無断転載を禁じます。

この記事をシェアする

おすすめ記事 他の記事を見る

pagetop