Find your new style!

アルバム

TOPICS

トピックス記事

2021/04/24

掃除は健康の基本 掃除が楽になる家の作り方

住まいをきれいに整えて気持ちよく暮らしたい!という思いは、多くの人が望むこと。加えて家の中を掃除することは、健康を考える上でも重要なポイントとなります。家の中には、ウィルスやカビなどの細菌にダニやハウスダストなど、目に見えないけど不要なものが多く存在します。これらは感染症やアレルギーなど重篤な健康被害を引き起こす可能性があるので、こまめな掃除は健康と密接に関わってくるといえるでしょう。とはいえ、毎日忙しくてどうしても掃除が行き届かない…!と悩む人も多いはず。そこで、今回は掃除が簡単に楽しくできる家の作り方ついてご紹介します。

INDEX

こまめな掃除が健康につながる


重篤な健康被害をもたらすといわれるハウスダストやダニ、細菌、ウィルスなどは、単体ではなく、たいていはほかのホコリなどと一緒に存在します。ホコリの塊を顕微鏡で見ると、ダニや細菌が多くいるのが分かります。同じように水垢もまた細菌などの温床になりがち。こうしたところにはウィルスも溜まりやすくなるので注意が必要です。

また最近は除菌の意識も高まっていますが、ホコリや水垢があるところに除菌スプレーなどをかけても、ホコリや水垢が残っていては効果がありません。除菌をする前にしっかりと掃除して取り除くことが重要です。ただし、除菌をしすぎると、人間の皮膚を保護している常在菌などの大切な細菌も殺してしまうことになりかねませんのでほどほどに。

掃除をすることですべてのハウスダストや細菌、ウィルスを取り除くことはほぼ不可能ですが、極力減らすことによって人の免疫機能でコントロールできる範囲内にすることはできます。そのためにもこまめな掃除を心がけましょう。

間取りの工夫で掃除は格段に楽に!

家づくりにおいて掃除が楽にできるかどうかということも大切なポイントです。効率よく掃除ができるような間取りにするために、気を付けたほうがいいポイントをご紹介します。

②収納は置き家具ではなく、作り付けの壁面収納に

キッチンのカップボードやシェルフなどの置き家具は天面にホコリが溜まりやすいので、できれば壁面と一体となるように作り付けの壁面収納がおすすめです。

③吹き抜けの高窓やFIX窓などに要注意

吹き抜け空間は気持ちがいいですし、FIX窓もデザイン性が高いので人気があります。でも、掃除の観点からみると、吹き抜けの高窓やFIX窓は掃除がしづらいので、取り付けには注意が必要です。

④部屋の広さに合った家具を選ぶ

部屋の広さに対して家具が大きすぎると、家具が邪魔で掃除機がかけづらくなります。大きな家具を入れる場合は、それに見合う十分なスペースを確保するようにしましょう。

⑤トイレや洗面所の広さにもゆとりをもって

トイレや洗面所は省スペースになりがち。そのため掃除がしにくくなるので、できるだけスペースにゆとりをもたせるといいでしょう。

「清掃性」にこだわった最新設備とは?

生活していく上で、もっとも汚れやすく、お手入れに時間がかかるところといえば水まわりでしょう。ここ最近は、清掃性にこだわったキッチンやお風呂などが多く開発されていますので、注目の最新機能をご紹介しましょう。

①キッチン

家の中でもっとも面倒に感じてしまうのがキッチンのレンジフードの掃除。でも、最近は10年間ファンの掃除が不要のノンフィルタータイプや、お湯を入れたらボタンひとつで自動的に掃除してくれるといった機能性が増しています。また、レンジフードそのものに油汚れがこびりつきにくいコーティングを施すなど、ますます進化しています。

画像提供元:富士工業株式会社/クリーンフード プレミアム[OGRシリーズ]

②トイレ

便器の汚れは衛生的にも一番気になるところ。最新設備の中にはそんな心配を払拭する機能が充実しています。たとえば、表面に汚れが付きにくいコーティングを施していたり、掃除がしやすいように便器のフチをなくしたり、ウォシュレット部分の継ぎ目を掃除しやすいように便座をリフトアップできるようにしたり。さらには、使用するたびに除菌水で自動的に除菌するものや、洗浄剤の泡で自動清掃するタイプの便器も登場しています。

③浴室

浴室の掃除は腰をかがめる結構な重労働。近年は、浴槽に洗剤を入れたらボタンひとつで浴槽内を掃除してくれるものをはじめ、洗い場のカウンター下からワイパー状に除菌水を吹きかけて清潔さを保つタイプなど、多機能なユニットバスが発売されています。

住まいづくりにおいて掃除のしやすさも重要なポイントです。住宅展示場ではたくさんの住宅を体感することができますので、実際にどのような工夫が施されているのかをじっくりチェックしてみてくださいね。そして、理想の住まいの実現に向けて、イメージを膨らませましょう。

執筆・情報提供

吉田美帆(一級建築士)

SUNIHA UNIHA 代表 吉田美帆
一級建築士/グリーンライフプロデューサー/インテリアコーディネーター/宅地建物取引士/LOHASスタイリスト(NPO法人ローハスクラブ認定/花育インストラクター(NPOフラワーハートセラピスト協会認定)武蔵工業大学建築学科(現東京都市大学)卒業、大手設計事務所にて小学校・保育園等の設計、マンションディベロッパーにて企画等を経て、2010年SUNIHA UNIHA(サニハユニハ)設立。
執筆やセミナー、講演会など幅広く活躍する。
・1996年 武蔵工業大学卒業設計蔵田賞受賞
・2011年 国際森林年間伐材利用コンクール審査員賞受賞。
・2016年 フランス国際映像コンペ(MCSD)受賞
←

他のトピックス記事

pagetop