Find your new style!

総合住宅展示場ハウジングステージ HOUSING STAGE

お気に入り

TOPICS

トピックス記事

2019/01/25

住宅ローンは平均26年で借りて15年で完済している!

INDEX

住宅金融支援機構では毎年民間住宅ローンの実情に関して実態調査をまとめていますが、その2018年度版が発表されました。

 

実際にマンションを買ったり、建てたりした人たちがどんなふうに住宅ローンを利用しているのかが分かる興味深いデータが多いので、ぜひ住宅金融支援機構のホームページから詳細をご覧ください。ここでは、住宅ローンの貸出期間に関する意外な結果を紹介しておきましょう。

 

住宅ローンといえば、30年、35年と返済が続くものと考えている人が多いかと思いますが、決してそんなことはありません。グラフにあるように、当初の貸出期間の平均は26.4年で、それを実際には平均15.2年で完済していることが分かりました。もちろん、このなかには、買換えや借換えなどで一括返済し、新たなローンに組み換えている人も含まれますが、当初からできるだけ短い返済期間を設定して、そのご繰上げ返済などを利用して返済期間を短縮、早めに完済していることが少なくないようです。

 

定年後もローン返済に追われるのでは――などと必要以上に深刻に受け止めるのではなく、もう少し軽い気持ちで住宅ローンをとらえてもいいのかもしれません。

 

▼住宅ローンの貸出期間

資料:住宅金融支援機構ホームページ『2018年度民間住宅ローンの貸出動向調査』

著者

山下和之(やました・かずゆき)

新聞・雑誌・単行本の原稿制作、各種講演・メディア出演など広範に活動。主な著書に『よくわかる不動産業界』(日本実業出版社)、『マイホーム購入トクする資金プラントと税金対策』(学研プラス)、『住宅ローン相談ハンドブック』(近代セールス社)などがある。

山下和之の良い家選び
Business journal
現代ビジネス
ZUU online
←
→

他のトピックス記事