Find your new style!

アルバム

TOPICS

トピックス記事

2021/03/03

バルコニーやベランダは洗濯物を干すだけの場所? 失敗例から学ぶ快適な間取り術

家づくりの計画で見逃しがちなのが、ベランダやバルコニーについて。うっかりすると、洗濯物が干しにくい、行き来がしにくいのでほとんど使わない、コケやカビが発生してしまっている…なんてことにも。
そこで今回は、実はたくさんあるベランダやバルコニーの間取りの失敗例!と、便利で快適なプラン例をチェックしておきましょう。

INDEX

ベランダやバルコニーの意外と失敗!「狭い」「風通しが悪い」「出入りがしにくい」


写真2:失敗例には面積に関するものも少なくありません。洗濯物が干しにくい、布団が干せないといった悩みを抱えることもあります。

ベランダとバルコニーの違いは、屋根の有無にあります。一般的に屋根があるものをベランダ、ないものをバルコニーと呼んでいます。

ベランダやバルコニーは、家の内と外のちょうど中間的な存在で、屋内の安心感や便利さがありながら、外の空気に触れることができる、住まいの中でも特別な場所です。とても貴重なスペースなので、単に洗濯物を干すためだけに使っていてはもったいない!

家づくりの際には、ベランダやバルコニーをもっと暮らしに活かすように計画することで、毎日の生活が便利に、そして楽しくなります。

でも、ベランダやバルコニーは家の外側にあるせいか、どうしても見落としがちに。間取りはもとより、フェンスの選び方などの失敗も少なくないのです。よく聞く失敗例をいくつかご紹介しましょう。

<ベランダやバルコニーの間取りの失敗例>

  1. 奥行きが狭く、洗濯物や布団が干しにくい
  2. 面積が小さく、椅子やテーブルを置けない
  3. フェンスに布団を干すと、汚れが付いてしまう
  4. 洗濯機からベランダやバルコニーまで遠く、干すのに手間がかかる
  5. 屋根がないため、急な雨で洗濯物が濡れたり、家の中に雨が吹き込んできたりする
  6. 日当たりが悪く、洗濯物が乾きにくい
  7. 目隠しフェンスで囲んだら風通しが悪くなり、コケやカビが生えてきた
  8. 素通しのフェンスを選んだら、外部からの視線が気になる
  9. ベランダやバルコニーの床に枯れ葉や砂がたまり、掃除がしにくい
  10. 掃除の際に水を流したいが、水栓がないのでバケツで運んでいる
  11. 子ども部屋や寝室など、個室からしか出られないので、出入りに気を使う

それでは、ベランダやバルコニーの上手なプラン方法と、快適な間取り例をご紹介しましょう。

便利で楽しく、プライバシーも守る、中庭のようなベランダやバルコニーの間取りとは

ベランダやバルコニーの間取りを考える際は、そこで何をしたいのかをよく考え、面積、方位、行き来のしやすさを確認しましょう。

洗濯物を干すベランダやバルコニーは、できるだけ洗濯機から近い位置に計画を。洗濯は日常のことだけに、遠いと家事の手間が増えてしまいます。また洗濯物の乾きやすさを考えて、できれば南向きに計画するのが理想的。特に子どもが小さいうちは洗濯物の量が多いので、物干しスペースは余裕をもって取りたいですね。

布団を干す場合は、手すりに掛けると布団が汚れやすいので、折り畳み式の布団干しセットを使用する方法も。これなら金物類をしまっておく収納スペースも忘れずに確保しておきましょう。


図面:中庭のようなバルコニー・ベランダの間取り。共用部分のファミリースペースから出入りができます。洗濯物干しスペースは奥行きを少し広めに。

せっかくバルコニーやベランダを付けるなら、洗濯物干し以外にも活用できるスペースにしたいもの。たとえば、中庭のような作りにして椅子やテーブルを置けば、家族でくつろげる第2のリビングや遊び場になり、暮らしがぐっと楽しくなります。

注意点は、ベランダやバルコニーには、個室からだけでなく、リビングや廊下などの共用部分からも出入りできるようにしておくことです。また屋根を取り付けておくと、外出時も安心して洗濯物を干しておくことができ、屋内への雨の吹き込みも防げます。

写真3:スクリーンタイプのフェンスならさりげなく目隠ししながら風通しよくいられます。
画像提供元:YKK AP株式会社/大型空間バルコニー エアキューブ

ベランダやバルコニーは、フェンスの選び方で快適性が大きく左右されます。風通しが悪いとカビやコケが生えやすく、室内への風の抜けも悪くなるので、視線を適度に遮りつつ、風を通してくれるフェンスを選びましょう。

またベランダやバルコニーには、水栓、シンク、照明、屋外用コンセントを取り付けておくとより便利に。掃除がしやすくなるのはもちろん、植物への水やり、アウトドアやDIYを楽しむスペースとしても使いやすくなります。

ベランダやバルコニーは、暮らしの便利さや楽しさを支えてくれる大切な場所です。家事がしやすく、そして家族全員が使いやすい快適なベランダやバルコニーを目指してくださいね。

住宅展示場では、さまざまな間取り、デザインのベランダやバルコニーを実際に見て、体験することができます。我が家にとって理想のベランダやバルコニーを見つけに、住宅展示場に出かけてみてくださいね。

執筆・情報提供

尾間 紫(住宅・リフォームコンサルタント/一級建築士/インテリアプランナー/インテリアコーディネーター)

一級建築士事務所 OfficeYuu 代表。
生活情報サイトAll Aboutリフォームのオフィシャルガイドとして業者選びからプランの立て方など実践的ノウハウを発信。テレビや雑誌、新聞掲載、講演などで活躍している。
←
→

他のトピックス記事

pagetop