Find your new style!

アルバム

TOPICS

トピックス記事

単世帯住宅よりも高い?二世帯住宅の費用相場

単世帯住宅と二世帯住宅を比べると、どの部分にどれくらい費用がかかっているのでしょう。実は、二世帯住宅とひと口にいっても形式が違うだけでかかる費用も大きく異なるんです!
ということで今回は、二世帯住宅の費用相場を紹介します。

INDEX

平均の費用と建築面積

二世帯住宅の場合、平均的な建築面積は単世帯住宅の約1.3倍です。
また、平均の費用は単世帯住宅の約1.4倍です。
つまり、二世帯住宅は建築面積が大きく、それにともなって費用も高くなると傾向にあります。

参考サイト:
https://www.hng.ne.jp/theme_feature_detail17.html

タイプ別の平均費用

二世帯住宅には、全部で3つのタイプがあります。
1つ目は、設備や空間を全部共有する完全同居タイプです。
2つ目は、空間の一部は共有するが、世帯ごとのプライベートな空間も持ち合わせている一部共有タイプです。
3つ目は、すべての空間が分かれており、各世帯が独立して生活できる完全分離タイプです。

完全同居タイプ

このタイプの場合、キッチンや浴室の設備がいくつも必要ありません。
したがって、3つのタイプの中でもっとも費用はかかりません。
ただし、単世帯住宅に比べると、費用相場は高いです。
その理由としては、建築面積が単世帯住宅より大きいこと、部屋数や収納スペースが多いことが挙げられます。

一部共有タイプ

完全同居タイプに比べると費用は高めですが、完全分離タイプほどは高くありません。
このタイプでは、どの設備を共有で使うかによってかかる費用は変わります。
どの設備を共有で使うかは、それぞれの家庭によって異なります。
一般的には、玄関と浴室は共有で使うケースが多いです。
特に、浴室を共有することで、設置費用だけでなく水道代やガス代 もかなり節約できるでしょう。
それ以外のキッチンやダイニングは、世帯ごとに分かれているという家庭も多く見られます。

完全分離タイプ

3つのタイプの中でもっとも費用相場が高いです。
これは、各世帯が独立して生活できる住宅なので、玄関や浴室といった設備がそれぞれの世帯で必要だからです。
完全同居タイプの費用を1とすると、完全分離タイプの費用は約1.25倍です。

参考サイト:
https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/chumon/c_money/h0wp13844/
また、単世帯住宅の1.5倍から1.8倍の費用がかかります。

参考サイト:
https://www.seibu-k.co.jp/blog/2017/09/11/housing-price-two-generations/

まとめ

二世帯住宅は、単世帯住宅と比べると平均的な費用が高くつくということがわかりました。
その上で、どのタイプの二世帯住宅が家族の生活スタイルにフィットするか、あらかじめ決めておくことが重要といえます。

 

←
→

他のトピックス記事

pagetop