Find your new style!

総合住宅展示場ハウジングステージ HOUSING STAGE

アルバム

TOPICS

トピックス記事

2020/02/19

二世帯住宅の2階の間取りのベストは?ポイントを解説!

近年、高齢化社会が進むにつれて、二世帯住宅を選ぶファミリーが増えています。
一方で、二世帯住宅を検討しながらも、生活面に不安がある人も多いのでは?
そこで今回は、二世帯住宅の間取りと、二階の間取りを考えるポイントについてご紹介します。

INDEX

二世帯住宅の間取り

完全同居型

家族それぞれの寝室以外のすべての空間を共用するタイプです。
親世帯・子世帯の交流の時間が取りやすく、家族団らんを楽しめます。
ただし、生活の時間帯が違う場合は気を遣わなければならないため、窮屈に感じる人もいるかもしれません。

部分共用型

玄関や浴室などの一部の設備を共用しつつ、親世帯・子世帯で生活するゾーンを分けるタイプです。
建築にかかるコストを抑えつつ、適度にプライバシーを保てるため、人気の間取りです。
たとえば、二階建ての住宅なら一階に親世帯、二階に子世帯を振り分ける間取りが一般的です。

2階の間取りを考える際のポイント

リビングや水まわりは上下階でそろえる

共用の収納スペースを設けておきましょう。
季節のイベントで使うアイテムや普段は使わないものを片付けておけます。
家族の人数が多いとものが多くなり、ごちゃついて見えるため、世帯ごとのクローゼットを設けるのもおすすめです。

リビングを設置する

リビングを世帯ごとに設けるのがおすすめです。
趣味を楽しんだり、友人を招いたりするときにも活用できます。
二世帯住宅であっても、それぞれの家族がプライベートな時間を持てるでしょう。

まとめ

二世体住宅を考える際には、どのタイプの間取りが家族のライフスタイルに適しているのかを考えることがもっとも大切です。
二階の間取りでは、リビングや水まわりを上下階でそろえたり、世帯ごとにリビングを設けたりすることで、プライバシーを保ちつつ豊かな暮らしを実現できるでしょう。

モデルハウスではいろんな事例の話を伺えますので、お近くの住宅展示場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

←
→

他のトピックス記事

pagetop